「タンパク質とアミノ酸」

タンパク質は複数のアミノ酸が結合したもので、筋肉、ホルモン、血液などヒトの体を作る原料となります。人の体を作っているタンパク質は、20種類のアミノ酸から構成されており、必須アミノ酸(体内で合成できない)と非必須アミノ酸(体内で合成できる)に分類することができます。この他にも、テアニン、オルニチン、シトルリン、タウリンなどタンパク質を構成しない遊離アミノ酸があります。

必須アミノ酸には、イソロイシン、ロイシン、バリン、ヒスチジン、リシン、メチオニン、トリプトファン、フェニルアラニン、スレオニンの9種類があります。必須アミノ酸は体内で合成できないため、食事から摂取しなければなりません。非必須アミノ酸には、アスパラギン、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、システィン、グルタミン、グルタミン酸、グリシン、プロリン、セリン、ロシンの11種類があります。これらは、体内で作ることができます。また、非必須アミノ酸はグルタミン酸から合成されている物が多いため、魚介類や海藻類などグルタミン酸を多く含む食品が不足すると、体内で不足する可能性があるといわれています。

アミノ酸は、ヒトの体を作る以外にも多くの役割があります。例えば、エネルギー代謝に関わるものには、バリン、ロイシン、イソロイシン、アルギニンがあります。特に分岐鎖アミノ酸(BCAA)に属するバリン、ロイシン、イソロイシンは筋肉でのエネルギー代謝と関わり、アルギニンは成長ホルモンを促す働きがあるといわれています。BCAAが特に多い食品は、まぐろの赤身、かつお、鶏肉、あじ、サンマ、卵、納豆、木綿豆腐です。リシン、プロリン、アラニン、メチオニン、アルギニンは、脂肪を分解してエネルギー代謝を促します。リシン、アラニン、メチオニンは煮干しや鰹節、プロリンは乳類や小麦食品、アルギニンは大豆製品に多く含まれます。GABAやオルチニンなどの遊離アミノ酸は内臓の機能を高める、免疫力やリラックスと集中にも影響します。

このように、アミノ酸の種類ごとに働きが違ってきます。必須アミノ酸さえ補っていればいいのではなく、非必須アミノ酸、GABAやオルチニンなどの遊離アミノ酸も体の働きには欠かせません。またタンパク質だけでなく、様々な栄養素を摂取する必要があります。